縁起

  当院は山号を熊野山と号し、平安初期の大同4年(西暦809年)、平城天皇の御代に初代宥元法師が開山し1200年を数えます。

 明治維新の神仏分離令、修験道廃止令を受け48代宥林の代より一時、熊野三社大神の社人となりますが50代主税の代より奇跡的に復帰し、その血脈は受け継がれ本尊大聖不動明王を中心に熊野大権現等ご縁のある神仏をお祀りいたしております。

 

本尊 大日大聖不動明王

鎮守 熊野三所大権現 湯殿山大権現

脇侍 阿弥陀如来 十一面千手観音 如意輪観音

         地蔵菩薩 愛染明王 荼枳尼天

    尊星王菩薩 正一位小鶴稲荷大明神

    大聖歓喜天

 

 当院の祭祀しております熊野権現は熊野三所十二社権現とも言い, その本地である熊野本宮(阿弥陀如来)、熊野新宮(薬師如来)、那智(千手観音)の権現様を供養し天下泰平、国土安穏並びにご信徒様方の諸願を祈念しております。

 ご利益は本地の阿弥陀如来の往生浄土はもちろんのこと現世利益としても、人の愛情や和合を祈る敬愛法、長寿を祈る延命法、その他にも十二社権現それぞれの尊格の功徳に依り、息災、増益等、諸願に通じたご利益があります。 また熊野本宮に掲げてある豊臣家寄進の「日本第一大霊験所 根本熊野三所権現」とある通り、権現様のご利益は広大であります。その他にも「鎮宅霊符縁起集説」には熊野権現と妙見菩薩は同体であるとする役の行者の説があることから、当院では尊星王大菩薩と共に善星皆来,悪星退散を祈り信者様方の開運成就を祈っております。